最後の講義 完全版

NHKで放送され、大反響をよんだ「最後の講義」が本になりました

各分野のトップランナーが未来を託された若い世代に何を語るのか!?
NHKのドキュメンタリー番組「最後の講義」の未放送分も収録した完全版として登場!

大林監督が伝えたい「映画だからできること」、「平和への想い」、魂の1冊!

大林監督が伝えたい「映画だからできること」、「平和への想い」、魂の1冊!

 

肝臓がんで余命3ヶ月の宣告を受けてから4年目の大林監督が、大学生の若者に語った3時間を完全版でお届けします。前半は、なぜ映画監督になったのか。小津監督や黒沢監督、国内外の映画監督と映画史に残る映画がいまなお伝えるもの。母が自分を殺して、自殺を図ろうとした戦時中の思い出。そこから生まれた平和への強い思いと映画。大林監督が映画を通して伝えてきたものをたっぷり語る。後半は学生との質疑応答。大林監督がいのちがけで、最後に伝える言葉とは?大林監督の作品や出演者、過去の監督や作品などの、脚注も豊富で、映画歴史もよくわかる。平和の大切さがわからなくなっている、いまだから問いかける、魂の一冊。

大林宣彦_顔写真

大林宣彦(おおばやし・のぶひこ)

映像作家。1938年1月9日、広島県尾道市生まれ。映像の魔術師と呼ばれている。自主映画を経て、山口百恵・三浦友和コンビ、チャールズ・ブロンソンなどを起用した新しいテレビCMを多数制作。1977年『HOUSE / ハウス』(77)で劇場映画に進出。1982年『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』の尾道三部作で新たなファンを獲得。2016年8月に肺がんで余命3ヶ月を宣告されるも、2017年には『花筐 / HANAGATAMI』を完成。2004年春の紫綬褒章受章、2009年秋の旭日小綬章受章。2009年文化功労者として顕彰。2020年4月には『海辺の映画館-キネマの玉手箱』公開予定。

漫画家・西原理恵子さんが伝えたい「女の子の人生で覚えていてほしいこと」とは?

漫画家・西原理恵子さんが伝えたい「女の子の人生で覚えていてほしいこと」とは?

『毎日かあさん』など独自の視点で家族を描く大人気漫画家・西原理恵子さん。自らの波乱万丈の人生を振り返りつつ、「女の子に教えたいこと」をテーマに講義を行いました。貧困と隣り合わせの少女時代、エロ本イラストからスタートした漫画家生活、アル中の元夫との壮絶な日々……でもすべてを笑い飛ばせる、そのすさまじいパワーはどこから? 「マイルド●●まん」「男捨離」「卒母宣言」など、次々と繰り出す刺激的な発言の数々に女子も男子も大爆笑!
抱腹絶倒の講義と生徒との熱い質疑応答は実に3時間にも及びました。

西原理恵子_顔イラスト

西原理恵子(さいばら・りえこ)

漫画家。1964(昭和39)年、高知県出身。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。88年に『ちくろ幼稚園』(小学館)でデビュー。97年に『ぼくんち』(小学館)で文藝春秋漫画賞、2004年に『毎日かあさんカニ母編』(毎日新聞社)で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、05年に『上京ものがたり』(小学館)、『毎日かあさん』で手塚治虫文化賞短編賞、11年に『毎日かあさん』で日本漫画家協会賞参議院議長賞を受賞。その他の著書に『ダーリンは74歳』(小学館)、『りえさん手帖』(毎日新聞出版)など。

生物学者・福岡伸一教授が伝えたい「生命とは?生物とは何か?」が明らかに!

生物学者・福岡伸一教授が伝えたい「生命とは?生物とは何か?」が明らかに!

福岡伸一_書影

『生物と無生物のあいだ』などベストセラー著書で知られる生物学者・福岡伸一教授は「生命とは?生物とは何か?」を問い続けて数十年。「1年前の自分と今は別人。実は完全に入れ替わっている…」。固定概念を揺さぶる目からウロコの刺激的なメッセージが連発します。福岡ハカセと「生命」を考える知的エンターテインメント、ここにあり!
胸を打つような講義と生徒との熱い質疑応答は実に3時間にも及びました。

福岡伸一_顔写真

福岡伸一(ふくおか・しんいち)

生物学者。1959(昭和34)年、東京生まれ。京都大学卒業。米国ハーバード大学医学部研究員、京都大学助教授などを経て、青山学院大学教授・米国ロックフェラー大学客員教授。著書『生物と無生物のあいだ』(講談社)はサントリー学芸賞、中央公論新書大賞を受賞、ベストセラーとなる。その他の著書に『動的平衡』(木楽舎)、『ルリボシカミキリの青』(文藝春秋)、『フェルメール 隠された次元』(木楽舎)、訳書に『ドリトル先生航海記』(新潮社)など。

ロボット研究の権威である石黒教授が伝えたい「1000年後の人間」とは?

ロボット研究の権威である石黒教授が伝えたい「1000年後の人間」とは?

石黒浩_書影

世界的研究者である石黒浩教授。自分そっくりのアンドロイドを作ったことでも知られています。ロボットを作るのは、人間を探求したいからであり、ロボットを研究することで見えてくる「人間」は、人間存在の根本に迫る問いに応えるものになっていく…。AIが生活の中に入り込み始めた今、石黒教授が語る人間の未来は示唆に富み、この先の生き方にきっと影響を与えるのではないかと思うほど。

衝撃の未来が語られた講義と生徒との熱い質疑応答は実に3時間にも及びました。

石黒浩_顔写真

石黒浩(いしぐろ・ひろし)

工学博士。1963(昭和38)年、滋賀県生まれ。大阪大学大学院基礎工学研究科博士課程修了。大阪大学大学院基礎工学研究科教授(栄誉教授)。ATR石黒浩特別研究所客員所長(ATRフェロー)。自分自身のアンドロイドをはじめ、文化人や芸能人など多数のアンドロイドを制作。アンドロイド研究開発の第一人者として世界的に注目される。著書に『どうすれば「人」を創れるか―アンドロイドになった私』(新潮社)、『アンドロイドは人間になれるか』(文藝春秋)、『僕がロボットをつくる理由-未来の生き方を日常からデザインする』(世界思想社)など。

『最後の講義 限定セットBOX 完全版 DVDつき』

『最後の講義 限定セットBOX 完全版 DVDつき』

限定セットBOX_書影

イベント情報

Coming soon…

読者の声

今後皆様のご感想を紹介してまいります

Coming soon…

最後の講義 完全版 大林宣彦

最後の講義 完全版 大林宣彦

1,300円(税別)
2020年02月29日発売
最後の講義 完全版 西原理恵子

最後の講義 完全版 西原理恵子

1,100円(税別)
2020年02月29日発売
最後の講義 完全版 福岡伸一

最後の講義 完全版 福岡伸一

1,200円(税別)
2020年02月29日発売
最後の講義 完全版 石黒浩

最後の講義 完全版 石黒浩

1,300円(税別)
2020年02月29日発売
最後の講義 限定セットBOX 完全版 DVDつき

最後の講義 限定セットBOX 完全版 DVDつき

5,400円(税別)
2020年02月29日発売