コロナストレスでおこりっぽくなっているお子さんに呼吸セラピーで感情コントロール

『おこりたくなったら やってみて!』(オーレリー・シアン・ショウ・シーヌ:文 垣内磯子:訳)

フランス発。感情を子供自身でコントロールする方法を教える絵本。怒りを笑顔に変え、コミュ力の高い生きやすい子にしてくれます!

*ガストンの呼吸セラピー絵本 特設サイト

ユニコーンのこども・ガストンといっしょに、怒りや恐れ、かなしみなどの扱いにくい感情を手放すための、簡単な呼吸法を学べます。いつでも気分を前向きに切り替えられ、コミュニケーション力が高く、生きやすい子に。感情を「親や周囲がやりすごす・なだめる」のではなく、「子供自身が根本から解決する」ため、子育てもぐっとラクに。

読み聞かせで子供もママ&パパもハッピーに。各国で続々翻訳書が刊行中。